雪解け道。

ポケモンのことについてたまに書いてます。

世界大会ベスト4構築[ロイドブーン入りマンダグロス]

f:id:snow-pokepoke:20170827073536j:plain

こんばんは!今回は世界大会で使用した構築を紹介したいと思います。張り切って書いたのでまあまあ長くなりましたが最後まで目を通してもらえると嬉しいです。
構築だけ欲しい方のために先にshowdowntextを置いておきます。
 

【構築作成経緯】
日本の全国大会で満足のいく結果を残せず悔しい思いをした自分はまず全国大会でベスト8となった構築を参考にすることにしました。

その中でも準優勝となったじーんさん(@zeen172M)の構築は、耐久振りウツロイド+マッシブーンの組み合わせ(以下ロイドブーン)にバルジーナが入った構築で、s操作が「おいかぜ」「トリックルーム」のどちらも入っており、また構築全体として種族値が高く、非常に安定感のある構築に思えました。
f:id:snow-pokepoke:20170827073420j:plain
この時点で構築を組むときは、s操作を二つ以上組み込んだパーティーにすることを決め、その上でAFK(ウインディカプ・レヒレカミツルギを軸にしたパーティのこと)などのメジャーな構築に強いパーティーを目指しました。

そこから構築の軸となる並びを模索しましたが、徐々に増えてきていた『とつげきチョッキ』持ちボーマンダの「じならし」でメタグロスの『じゃくてんほけん』を発動させる構築に興味をもち、試してみたところメタグロスの「バレットパンチ」がとても強力だったのでここから構築を練っていくことにしました。
当時は世界大会でウツロイドが流行ると思っており、そこに有利を取れると考えたという理由もあります。(実際にウツロイドが多かったかどうかはかなり怪しいところですが)

JCSでAFK+カプ・コケコ+ポリゴン2入り構築

snow-pokepoke.hatenablog.com

 

を使っていた時、ウィンディの【いかく】をカプ・コケコの「ボルトチェンジ」で出し入れしてポリゴン2で受け回す動きが肌に合っていた事を思い出し、とりあえずカプコケコとポリゴン2を入れて対戦してみたところ、
○ガラガラに何もできない
○水の一貫がきつい
○相手のカプ・コケコが少しきつい
○そもそもあまり受け出せない=そこまで受け身な構築ではない
などの事がわかりました。
 

Lacquerさん(LCQ_poke)のブログボーマンダ+メタグロス構築(以下マンダグロス)を参考にしてガラガラを採用してみたりもしましたが、基本選出を先発カプコケコ+ボーマンダ、後発メタグロス+ガラガラにすると地面の一貫があまりに厳しいので見送りとなりました。


どうしたものかとshowdownのランキングに載っている人の対戦を見ていたところ、ウツロイドハリテヤマをマンダグロスに組み込んでいるプレイヤーがいたのでこれをヒントにウツロイドの採用を決め、ウツロイドを耐久型にすればガラガラとカプコケコに強いポリゴン2として使えるのではないかと考えました。
ウツロイドメタグロスの苦手なバルジーナペルシアン、ウィンディに対しても強く、二つ目のs操作役として最適でした。

遅いウツロイド+ハリテヤマではガブリアスが辛かったのでハリテヤママッシブーンにかえて対戦してみると、「じならし」ボーマンダと耐久ウツロイドマッシブーンの組み合わせが想像以上に相性がよく、特にAFKに対しては圧倒的な強さを誇れるようになりました。

最後の一枠を決めるのは苦労しましたが、雨パーティーに負けたくなかったのと、まだ対ガラガラ、特にテッカグヤと組んでいるパーティーに不安があったのでトリトドンを採用しました。トリトドンボーマンダとの相性がよく、パーティーにいるだけで相手にカミツルギカプ・ブルルなどの選出を強制させることができるため、こちらの基本選出をさらに通しやすくなりました。

こうして6匹が決まり、技や調整を弄っていきました。
ショウダイさん(@sho249962)に構築を回してもらって相談しあいながら意見をフィードバックさせていったり、ひいあさん(@Hianmain)やDJ君(@dj_poke523)が何度も開いてくださったbo3杯で調整させていただいたり、後輩にウツロイドを借りたりフレ戦してもらったりと、多くの人に助けられてこの構築は完成しました。この場で改めて感謝させてください。本当にありがとうございました!
 
 
 
 
【個別解説】

ウツロイド

f:id:snow-pokepoke:20170827103028g:plain

技:ヘドロばくだん パワージェム トリックルーム まもる

持ち物:ウイのみ

特性:ビーストブースト

性格:ずぶとい

努力値H228 B252 C28

実数値:213-*-108-151-151-123

B:A233カミツルギの「スマートホーン」確定耐え(170~204)

 A126テッカグヤの「ヘビーボンバー」確定耐え(158~188)

S:「じならし」後のペルシアン(115族)抜き

 

 耐久に厚く振ったウツロイド。素早さ以外キヌガワさんのブログの調整を使わせていただきました。

kinuchang.hatenablog.com

低い素早さを「じならし」や「トリックルーム」で補い、 相手に負担をかけていきます。火力は抑え目ですが相手の弱点をつきやすく、メタグロスの「バレットパンチ」圏内に入れるだけでもゲーム展開を楽にしてくれます。相手にすれば非常に倒しにくく、厄介なポケモンだったと思います。

  

カプ・コケコ

f:id:snow-pokepoke:20170827104919g:plain

技:10まんボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ まもる

持ち物:デンキZ

特性:エレキメイカー

性格:おくびょう

努力値C252 D4 S252

実数値:145-*-105-147-96-200

 

ボルトチェンジ」でボーマンダの【いかく】を使いまわしたり、最後に出てきて相手を一掃したりする万能ポケモン。間違いなくこのルール最強の一匹でしたが、その分ガラガラやトゲデマルで対策されていました。

この構築では特にメタグロスの『じゃくてんほけん』を発動させた後、ボーマンダを捨ててカプ・コケコとメタグロスを並べて制圧していくのが非常に強力でした。

相手のカプ・コケコと対面したときは、積極的にコケコに『デンキZ』を使っていきました。相手のカプ・コケコは「ボルトチェンジ」でウインディなどに交換していることも多いですし、交換していなければメタグロスの「バレットパンチ」圏内に入れることができます。

 

ボーマンダ

f:id:snow-pokepoke:20170827110436g:plain

技:りゅうせいぐん かえんほうしゃ じならし ドラゴンテール

持ち物:とつげきチョッキ

特性:いかく

性格:ひかえめ

努力値:H212-B4-C36-D92-S164

実数値:197-139-101-148-112-141

B:A182ガブリアスの「ドラゴンクロー」確定耐え(164~194)

C:「かえんほうしゃ」でH187-D111メタグロスを92.6%で二発(90~108)

D:C147カプ・コケコの「マジカルシャイン」フェアリーZ確定耐え(158~188)

   C147カプ・コケコのダブルダメージ『いのちのたま』「マジカルシャイン」確定三発(78~94)

S:最速ドーブル+2

 

この構築の要でほぼ毎試合選出しました。ドーブルイーブイorポリゴンZや相手のマンダグロスを意識して素早さを早めに設定したおかげで、相手の『とつげきチョッキ』もちボーマンダには全て先制できました。(一回『ヒコウZ』ボーマンダに上からやられましたが)

本当はランク一段階upしたC143ポリゴン2の「れいとうビーム」を確定で耐えられるようにしたかったのですが、努力値が足りなかったのでカプ・コケコと並べたときに【ダウンロード】で攻撃が上がるように調整し、できる限りHに回しました。

高い耐久があるのでほぼ確実に「じならし」を通すことができ、相手のカプ系を倒すことができればこのポケモンだけで相手の残りポケモンすべてに有利ということも多々ありました。

命中安定な「りゅうのはどう」ではなく「りゅうせいぐん」を採用した理由は相手のガブリアスを確定で倒すもしくは確実に「バレットパンチ」圏内に入れたかったからです。

ドラゴンテール」は「はらだいこ」カビゴンに隙を見せないようにしたり、ポリゴンZを飛ばすために採用しました。「トリックルーム」を阻止するために使うことはほとんどなかったですが、想定通りしっかり機能してくれました。

間違いなく今回のパーティーのMVPであり、ボーマンダが一層好きになりました。

誰かボーマンダメタグロスのアイコン書いてくださいおねがいしますなんでも

 

メタグロス

f:id:snow-pokepoke:20170827121809g:plain

技:バレットパンチ しねんのずつき アームハンマー まもる

持ち物:じゃくてんほけん

特性:クリアボディ

性格:いじっぱり

努力値H252 A116 B60 D44 S36

実数値:187-187-158-*-116-95

A:「アームハンマー」でH244までのB117カビゴンを確定2発(122~144)

 「バレットパンチ」で無振りカプ・コケコに42~49ダメージ

B:A182ガブリアスの1ランクダウン「じしん」ジメンZ確定耐え(156~186)

D:C161カプ・レヒレのダブルダメ『こだわりメガネ』「だくりゅう」98.8%で二発耐え(79~94)

S:s実数値143までのポケモンを「じならし」後に抜き

 

【いかく】で火力の落ちない「バレットパンチ」がとにかく強く、相手を圏内に入れることを常に意識して立ち回っていました。ボーマンダより遅いポケモンは全て「じならし」を打った後にメタグロスで先制できるようにしています。少しまわした特防は、ウツロイドと並べたときに【ダウンロード】で攻撃が上がるようにするためでもあります。

バレットパンチ」以外の技の命中率が不安なポケモンでしたが、全体的によく当ててくれたと思います。『じゃくてんほけん』発動後の「アームハンマー」でカビゴンを一撃で倒したり、テッカグヤや相手のメタグロスに大きく削りを入れてくれました。

 

マッシブーン

f:id:snow-pokepoke:20170827124929g:plain

技:ばかぢから どくづき れいとうパンチ まもる

持ち物:カクトウZ

特性:ビーストブースト

性格:いじっぱり

努力値:H68 A164 B4 D244 S28

実数値:191-198-160-*-104-103

A:「ばかぢから」カクトウZで無振りガブリアス確定一発(184~217)

D:C147カプ・コケコのエレキフィールド下『こだわりメガネ』「10まんボルト」確定耐え(160~190)

S:準速ガブリアスを「じならし」後に抜き

 無振りカプ・レヒレ-2

 

構築の地面耐性兼トリルアタッカー。ウツロイドとともにバルジーナペルシアンに強いのが素晴らしく、テッカグヤへの貴重な打点枠でもあります。このルールは基本的に格闘技を受けられるのがカプ系しかいないため、できるときには交換をケアした行動をしていきたいです。

カプ・コケコに対してもZ技以外であれば一発耐えて行動できるので、割と強気に動かしていくこともあります。後ろ姿がイケメンでした。

 

トリトドン

f:id:snow-pokepoke:20170827125933g:plain

技:ねっとう どくどく じこさいせい クリアスモッグ

持ち物:オボンのみ

特性:よびみず

性格:おだやか

努力値H228 B196 C4 D76 S4

実数値:215-*-113-113-123-60

B:A182ガブリアスの1ランクダウン「じしん」ジメンZでオボンを食べる(109~129)

D:C161カプ・レヒレの『こだわりメガネ』「ムーンフォース」で105~124ダメージ

 

補完として入ってきたトリトドンですが、パーティーに「どくどく」が入っていないとわかったGACT(ガブリアスウインディテッカグヤ、カプ・コケコを軸にしたパーティのこと)相手に出すと相手を詰ませることが出来たりと、新しい勝ち筋としてつかうこともできました。

カプ・コケコと並べたときに【ダウンロード】で攻撃があがるように調整し、素早さは最遅ポリゴン2抜かれの57にするか悩みましたが、「はらだいこ」カビゴン相手に上から「クリアスモッグ」を打つ方が重要だと考え、Sは落としませんでした。

 いろいろ考えましたが、この枠はこのポケモンしか有り得ないと今では思っています。

 

 

 

【選出例】

対AFK+トゲデマル(DJパ)

先発:ウツロイドボーマンダorメタグロス

後発:ボーマンダorメタグロスマッシブーン

かなり有利な相手。ウツロイドボーマンダマッシブーンだけで基本的に勝てます。

 

 

対AFK+カプ・コケコ

先発:ウツロイド+カプ・コケコ

後発:ボーマンダメタグロスorマッシブーン

これも有利です。カミツルギを倒してウツロイドを通すパターンとカプ系を倒してボーマンダを通すパターンを狙っていきます。

 

 

対GACT

先発:カプ・コケコ+ボーマンダ

後発:メタグロスマッシブーン

GACTは残り2体の組み合わせがたくさんあるので完全に選出を決めることはできませんが、初戦はこの選出で行きます。相手にキュウコンがいてもこの選出をします。カプ・コケコに『デンキZ』を打って「バレットパンチ」で縛り、ボーマンダを通していくのが理想の展開です。

 

 

カプ・テテフ+フワライド構築(以下テテフライド)

先発:カプ・コケコ+ボーマンダ

後発:メタグロスウツロイドorマッシブーン

初手でテテフライドと対面した場合はフワライドに「ボルトチェンジ」を打ってメタグロスを繰り出しながら「じならし」で『じゃくてんほけん』を発動させます。後はフワライドの「おにび」に気を付けながら「バレットパンチ」でカプ・テテフを縛っていきます。

 

 

対雨パーティ

先発:カプ・コケコ+ボーマンダ

後発:トリトドンメタグロスorマッシブーン

トリトドン大事にしてれば勝てると思ってたら負けたことあるので油断しないように。相手のカプ・コケコは優先的に処理していきます。

 

 

エルフーン1(+カプ・レヒレのしぜんのちからZ構築)

先発:ウツロイドメタグロス

後発:ボーマンダマッシブーンorカプ・コケコ

カプ・レヒレ入りのエルフーン構築に初手でカプ・コケコを出すとフィールドをとられてピンチになりやすいのでエルフーンに厚い初手で行きます。

 

 

エルフーン2(+カプ・テテフの追い風構築)

先発:カプ・コケコ+ボーマンダ

後発:メタグロスマッシブーン

 必ずと言っていいほど裏にガブリアスがいるのでウツロイドは出さず、相手のカプ系を処理した後マッシブーンを通すことを目指します。

 

 

ドレディアコータス

先発:ウツロイドボーマンダ

後発:メタグロス+カプ・コケコ

かなりウツロイドが刺さっているのでウツロイドを大事にすれば基本勝てます。

 

 

ギガイアスルガルガン(以下ギガルガン)

先発:ウツロイドボーマンダ

後発:メタグロス+カプ・コケコorマッシブーン

ギガルガン以外の初手が来ても対応できるウツロイドボーマンダで投げます。相手の初手がギガルガンだった場合はウツロイドが守りながらボーマンダメタグロスに変えて攻めていきます。

 

 

ペルシアン入り

先発:カプ・コケコ+ウツロイド

後発:メタグロスorマッシブーンorボーマンダから二匹

ペルシアン入り構築は基本的にペルシアン+カプ系の初手で来るのでペルシアンに強い二匹を初手に出します。

 

 

対カプ・コケコ+ガラガラ+テッカグヤorメタグロス

先発:トリトドンボーマンダ

後発:ウツロイドメタグロスorマッシブーン

あまり当たりたくない相手。鋼枠を倒してウツロイドを通すか、カプ・コケコを倒してボーマンダを通す動きを狙っていきます。

 

 

ドーブルポリゴンZ

先発:カプ・コケコ+ウツロイド

後発:マッシブーントリトドンorボーマンダ

ポリゴンZが「トリックルーム」型でも「テクスチャー」ノーマルZ型でもウツロイドで「トリックルーム」を選択するのが安定になります。「テクスチャー」型だった場合はトリトドンの「クリアスモッグ」で弱体化させていきます。この手の構築は取り巻きがウツロイドマッシブーンに弱くなりがちなのでポリゴンZさえ倒せばなんとかなります。

 

 

ドーブルイーブイ

先発:カプ・コケコ+ボーマンダ

後発:トリトドンorマッシブーンorウツロイドorメタグロスから二匹

初手はドーブルに「ボルトチェンジ」を選択しながら「じならし」。一度「じならし」をあてておけばバトン先のポケモンにカプ・コケコが先制できるようになります。ここでメタグロスの『じゃくてんほけん』を発動させられればベスト。メタグロスで「このゆびとまれ」要員ににらみをきかせながらイーブイが「バトンタッチ」をするターンに「ドラゴンテール」を打てば、バトンを受けられるのはカプ系しかいません。(ワルビアルやウインデイにバトンを渡すことができない)

あとはカプ系に「クリアスモッグ」をあてるなり普通に倒すなりで勝てます。

また、「このゆびとまれ」+カビゴンで「はらだいこ」をする構築に対しても同じ動きでメタグロスの「じゃくてんほけん」を発動させることで対処できます。

 

 

NBA(ウツロイドカプ・ブルルウインディを軸にしたパーティのこと)

先発:ウツロイドボーマンダorメタグロス

後発:ボーマンダorメタグロスマッシブーン たまにトリトドン

トリトドンがいることもあり、かなり有利なパーティです。メタグロスも刺さっているのでウインディの「おにび」に注意して詰めていきます。カプ・コケコを出してもいいのですが、相手のポリゴン2の「10まんボルト」の威力が上がってしまうのであまりおすすめできません。

 

 

対メレシー+ラッキー

先発:ボーマンダメタグロス

後発:トリトドンマッシブーン

初手「じならし」を選択すればメレシーを「バレットパンチ」で縛れるようになるので「ガードシェア」をさせずにメレシーを倒すことができます。「ガードシェア」さえされなければマッシブーンの『カクトウZ』で容易に倒すことができますし、少なくとも『じゃくてんほけん』の発動したメタグロス相手に【マジックガード】を「スキルスワップ」する余裕はないのでトリトドンの「どくどく」で倒すことができます。 

 

 

【構築総括】

この構築はメジャーな構築に有利をとりやすい構築で、世界大会でここまで勝てたのはマッチングが良かった部分も正直あると思っています。しかし、今回の構築は自分がいままで組んできた構築の中で最優とも言えるものであり、しっかりと練習をして臨んだ世界大会だったので結果を出せて本当にうれしいです!来年の世界大会でも戦っていけるように、まずは単位と戦っていきたいと思います。ベンキョウハ ワルイブンメイ キライ

 

 

【準決勝のラストターンについて】

言い訳みたいであんまり書きたくないんですけど会う人みんなに聞かれるので。

となりにいたジャッジの人から日本語で「あと3ターンの後に試合を終了します」とか「これがラストターンです」と言われていました。まもれば勝ちという確信があったわけではありませんが、最後の最後で勝ちが見えて舞い上がってヘドロばくだんを押したのはただただ自分の甘さが原因です。自分は負けるべくしてバルドルさんに負けたと思っていますし、来年は必ずリベンジしたいと思っています。

 

 

QRレンタルチーム】

ここまで見て下さりありがとうございました。もしよければ実際に構築を使ってみてください!

 https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-5136-474C

 

【おわりに】

ポケモン対戦だけでなく、観光や海外勢との交流も含めてポケモンの世界大会は最高です!自分は世界大会二年目ですが、去年行った時「かならず来年も来るぞ!」と強く思ったのを覚えています。もちろん今年もです!みんなで楽しんでいるとき、「ポケモンやっていてよかった。」と心から思える気がします。See you next year in Nashville!

f:id:snow-pokepoke:20170827163728j:plain

 

JCS使用構築【ウインコケポリ2スイッチ】+いろいろ雑感

記事書くの久しぶりだなーって思って過去記事見たらクリスマスイブでした。四か月以上経ってた……

 

JCS、約二週間にわたる長い長い戦いお疲れ様でした。自分は結局メインサブ計200戦消化し、トータルは1702+1678+1666の5046。ボーダーがどうなるはわかりませんが、TL見る感じワンチャンはありそうなので祈りながら発表を待とうと思います。

 

日程A~E全てほぼ同じ構築を使用し、ある程度愛着もわいた構築なので簡単にですが公開します。

f:id:snow-pokepoke:20170508235718p:plain

 

【構築作成経緯】

自分はメルボルンから帰ってきてからJCSに向けてポケモンの対戦回数は重ねていたつもりでしたが、あまり納得のいく構築が組めず、ネットに上がっている構築記事をshowdownでまわして感覚をつかむといったことを繰り返していました。

 

その中で特に手に馴染むと感じたのはジュニオさん(@JUNIOmpk)のクモバドロスイッチでした。以下にリンクを貼っておきます。

www.emolgame.jp

 

スイッチトリル要素を兼ね備えた上で高速アタッカーによる上からの制圧も目指せる非常に完成度の高い構築だと感じたので、ここから構築をスタート。

練習していくうちに初手にウインディ+カプ・コケコ、後発に地面技受けのポリゴン2+@1の選出が非常に対応力が高く安定すると感じ、その選出がしやすいように構築を弄っていきました。

その際、(これは上のジュニオさんの記事にも書いてありますが)Z技枠はできるだけ素早さが早いポケモンに持たせるべきだと思ったので、メインとなるカプ・コケコに『デンキZ』を持たせることに決めました。

また、原案でのオニシズクモの枠は、地面耐性かつトリルエースとしての役割を担っていましたが、構築として『こだわりハチマキ』など火力upアイテムを持ったウインディが重い構築だと感じたので、(火力upエレキフィールド下の「ワイルドボルト」を耐えられない)エレキフィールドを消すことができ、かつ耐久も安定した水タイプであるカプ・レヒレを採用しました。地面耐性はありませんが、対ウインディの安定性があり、ガブリアスにも変わらず圧力をかけることができます。

最後の枠はバンバドロベトベトン(A,B日程)→カビゴン(C,D,E日程)と推移していきました。詳しくは個別解説で話したいとおもいます。

 

 

【個別解説】

カプ・コケコ

技:10まんボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン まもる

持ち物:デンキZ

特性:エレキメイカー

性格:おくびょう

努力値H4 C252 S252

実数値:146-*-105-147-95-200

 

メインアタッカー。ウインディの「てだすけ」と合わせていろんなポケモンを無理やりもっていったり「ボルトチェンジ」でサイクルをまわしていく。特に横のウインディをポリゴン2に引きながら「ボルトチェンジ」でウインディを出しなおす動きが強力でした。

 

 

ウインディ

技:フレアドライブ バークアウト てだすけ まもる

持ち物:バンジのみ

特性:いかく

性格:しんちょう

努力値H244 A60 B4 D164 S36

実数値:196-138-101-*-133-120

D:C147カプ・コケコのフィールド「10まんボルトZ」確定耐え

 

耐久にかなり厚めに割いたウインディ。Z技は基本的に「まもる」かタイプ無効で受け流したいところですが、もし打たれても耐える調整にすることで、プレイングの幅が広がります。サイクルで何度も繰り出せる安心感がありました。

「バークアウト」の役割対象は基本的にポリゴン2とカプ・レヒレです。特に後述するカミツルギと相性が良く、「バークアウト」を打ちながらカミツルギを投げ、「てだすけ」を打ちながら相手を崩す動きが単純に強力でした。

 

 

カミツルギ

技:リーフブレード スマートホーン せいなるつるぎ ハサミギロチン

持ち物:こだわりスカーフ

特性:ビーストブースト

性格:いじっぱり

努力値H188 D252 S68

実数値:158-221-151-*-83-138

S:準速フェローチェ+4

 

よくある耐久振り「こだわりスカーフ」もちカミツルギ。同型にワンチャン上をとるため、よくいるS137から一つ上の素早さとしました。

カミツルギはこの型が一番使いやすいと思っています。カミツルギとの同速勝負をせずともよく、程よく耐久もあるので無理なくサイクル戦に参加させることができます。

 

 

ポリゴン2

技:れいとうビーム 10まんボルト じこさいせい トリックルーム

持ち物:しんかのきせき

特性:ダウンロード

性格:ひかえめ

努力値H244 B228 C36

実数値:191-*-139-143-115-80

C:「れいとうビーム」で無振りガブリアスを確定

 

素早さ以外ジュニオさんの調整をそのまま使わせていただきました。地面耐性のいないこの構築における実質地面耐性枠であり、防御に厚く配分するのは非常に理にかなっていると感じました。

トリックルーム」を貼らずとも戦える構築になったので素早さはポリゴン2ミラーを考えて自ら落とすことはせず、無振りテッカグヤ抜かれの80としました。

 

 

カプ・レヒレ

技:ムーンフォース だくりゅう めいそう まもる

持ち物:ウイのみ

特性:ミストメイカー

性格:ひかえめ

努力値H236 C204 S68

実数値:175-*-135-155-150-114

C:一段階上昇「ムーンフォース」+『いのちのたま』の反動で無振りカプ・コケコ確定

S:無振りカプ・テテフ-1

 

サイクル性能を重視して回復木の実で採用。パワーは抑え目ですが、構築で苦手なマッシブーンに強かったり、ガブリアスに圧力をかけたりとしっかり活躍してくれました。高火力でこちらを崩してくるカプ・テテフの火力を削ぐ役割もあります。

「だくりゅう」についてですが、外して負けた試合もあれば当てて命中率を下げて展開が楽になった試合もあるので一長一短かなと思います。割り切って打つ技だと思いました。

 

 

 ベトベトン(AB日程で使用)

技:はたきおとす どくづき かげうち まもる

持ち物:イアのみ

特性:くいしんぼう

性格:いじっぱり

努力値H252 A44 B108 D100 S4

実数値:212-144-109-*-133-71

 

耐久調整はAaron氏の調整を参考にしました。

ここまでカプ・テテフに明確に有利をとれるポケモンカミツルギしかおらず、カプ・コケコのボルトチェンジの引き先としてエスパー技を受けられるポケモンが必要だと感じたため採用していました。

カプ・テテフの駒としてはこれ以上ない活躍をみせてくれましたが、カプ・テテフ入りの構築にはガブリアスも一緒に入っている可能性が非常に高く、地面耐性がさらに厳しくなってしまったため、C日程以降ではこの枠を変更することにしました。

 

 

カビゴン(CDE日程で使用)

技:おんがえし 10まんばりき のろい リサイクル

持ち物:フィラのみ

特性:くいしんぼう

性格:ゆうかん

努力値H148 A76 B204 D76

実数値:254-154-111-*-140-32

D:C147『いのちのたま』カプ・コケコのフィールド「10まんボルト」確定3発

S:「のろい」一回で最遅コータス-1

 

 ベトベトンの枠がしっくりこず悩んでいたとき、一緒に構築について話していたmash(@mash_arrow)が6匹目としてカビゴンをオススメしてくれたので、カビゴンを使いました。

カビゴンは高い耐久と再生技をもつため無理なくサイクル戦に参加させることができ、ガブリアスカプ・テテフに一方的にやられない点が優秀でした。初見で太鼓暗示構築を警戒させることもできます。

また、AB日程を通して想像以上にコータス入りのパーティーが多いと感じられたので、そこに対してより安定感をもって戦うことができました。耐久が高いので何をしてくるかわかりにくいパーティに対しても臆せず選出できる点も、JCSという一本勝負の大会には適していたと思います。

この枠は他にもいろいろ候補があると思います。大会中マッチングした同型のパーティだとこの枠にギガイアスを採用しているパーティをちらほらみかけました。そちらの場合対テテフライドや対天候パーティの安定性があがると思います。

 

 

【選出例】

相手によってかなり選出を変えるので基本選出だけ書きます

 

基本選出①:先発ウインディ+カプ・コケコ 後発@2

ガラガラ、トゲデマルなどがいない場合基本この選出です。相手の構築にガブリアスがいた場合かならず後発にポリゴン2を置きます。

 

基本選出②:先発ウインディカプ・レヒレ 後発@2

先発にカプ・コケコが出しにくい場合にこの選出をすることが多いです。パワーは低めですが、耐久が高いので不意の事故で崩されにくいです。

 

基本選出③:先発カプ・コケコ+カミツルギ 後発@2

攻撃的な初手。カミツルギが初手で出し負けてしまっても、「ボルトチェンジ」で盤面を再構築しやすいです。

 

 

【構築総括】

書いてたら疲れました。

全体的に高耐久のポケモンが多く、幅広く戦える構築になったと思います。練習の段階では1700×3をとることが十分可能だと考えていたためこの結果は少し残念ですが、単に実力の問題だと思うのでこれからもがんばって精進していきたいと思います。

 

 

【JCS雑感】

日程が複数に分けられ、一回失敗する=予選落ちでなくなったのは純粋に良い改善だと思いました。

ただ各日程の間隔が狭く、それに伴って試合数が非常に多く感じられたので、どうせ分けるならINCのように月毎に分けてもいいんじゃないかなー、という気持ちです。

来年もまた形式は変わると思いますし、年々良くなっていってほしいですね。

  

 【Showdownテキスト】

Kartana @ Choice Scarf 
Ability: Beast Boost 
Level: 50 
EVs: 188 HP / 252 SpD / 68 Spe 
Adamant Nature 
- Leaf Blade 
- Smart Strike 
- Sacred Sword 
- Guillotine 

Tapu Koko @ Electrium Z 
Ability: Electric Surge 
Level: 50 
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe 
Timid Nature 
IVs: 0 Atk 
- Thunderbolt 
- Volt Switch 
- Dazzling Gleam 
- Protect 

Arcanine @ Mago Berry 
Ability: Intimidate 
Level: 50 
Happiness: 0 
EVs: 244 HP / 60 Atk / 4 Def / 164 SpD / 36 Spe 
Careful Nature 
- Flare Blitz 
- Helping Hand 
- Snarl 
- Protect 

Tapu Fini @ Wiki Berry 
Ability: Misty Surge 
Level: 50 
EVs: 236 HP / 204 SpA / 68 Spe 
Modest Nature 
IVs: 0 Atk 
- Protect 
- Calm Mind 
- Muddy Water 
- Moonblast 

Porygon2 @ Eviolite 
Ability: Download 
Level: 50 
EVs: 244 HP / 228 Def / 36 SpA 
Modest Nature 
IVs: 0 Atk 
- Ice Beam 
- Thunderbolt 
- Recover 
- Trick Room 

Snorlax @ Figy Berry 
Ability: Gluttony 
Level: 50 
EVs: 148 HP / 76 Atk / 204 Def / 76 SpD 
Brave Nature 
IVs: 2 Spe 
- Return 
- High Horsepower 
- Curse 
- Recycle 

 

 

構築記事は以上です。

以下脳内垂れ流し 

 

 

【最近のTLを見て思ったこと】

最近よく不正がどうとかそういう話をTLで見ます。

自分が関わらなければいいだけの話だと思っているのでそこはどうでもよくて、

「オフ会にもそういう人がいるからもう行かない(行きたくない)」

という趣旨のツイートを何件か見て、それがとても悲しく思いました。

 

自分はポケモン対戦が好きで、ポケモン対戦が好きな人と話すのが好きです。 初めてポケモンのオフ会に参加したのは大学生になってからでしたが、なぜ今まで参加しなかったんだろうと思えるくらい楽しい時間を過ごせました。

初めて会った人やTwitterで名前だけ知っている人と対戦をして、時には意見交換をして、知り合いが増える。一緒にご飯を食べに行ったり遊びに行ったりする。オフ会はそんな楽しい場所だと思っているし、可能ならもっといろんな人に来てもらいたいと思っています。

 

人がたくさんいれば関わりたくないと思う人も少しはいるでしょう。オフ会に限らず、当たり前のことだと思います。でもだからといって一部の人間のために自分から楽しむ機会を捨てるなんて、馬鹿馬鹿しいことだと思いませんか?。自分が楽しむためにゲームをやっているんですから。

まず自分が楽しむことを忘れないでほしいなと思いながらTLを見ていました。おわり。

第一回ましゅオフのオフレポ。

Snowflake

メリークリスマス。ひさしぶりの更新ですね。

昨日(12/24)京都で行われたvgc2017ルールのオフ会、ましゅオフに参加してきました。

 http://susuzu96.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

初開催のオフ、それも12/24日に開かれるということで人が集まらないんじゃないかと心配していたのですが、最終的には30人くらい来ていた気がします。

みんな暇なんですね。

 

【使用構築】

詳しい説明ができるほど煮詰めきれてないので並びと持ち物だけ。

カプ・コケコ@命の珠

ボーマンダ@ドラゴンZ

ベトベトン@フィラのみ

ポリゴン2@進化の輝石

カミツルギ@突撃チョッキ

ニョロトノ@オボンのみ

 

べトンとポリ2で荒らしてマンダ+コケコorカミツルギで制圧したい構築でした。

 

オフレポ

11時に会場集合だったので7時半に目覚ましをかけたが二度寝して8時半に起床する。

なぜか最寄駅を間違えたがかなり時間に余裕をもって出てきていたため無事会場に到着。

 

自己紹介をすませてさあ対戦するぞーと思ったら昼休憩がはじまって13時まで暇になったので、適当に参加者で集まって京都駅のマックで軽食をとったりぶらぶらまったり。

 

今回のオフはクリスマスイベントということで、参加者が任意でプレゼントを持ち寄り交換し合うという企画が用意されていたので、この空き時間にプレゼントを買った人もいたみたいですね。

誰にわたるかわからないプレゼントを選ぶときはは消え物がいいらしい(reference:俺ガイル6.5巻)ので自分は前日にポケセンで抹茶ラスクを買って持っていきました。誰にわたるかわかりませんからね。

 

そんな感じで昼休憩が終わったのでいよいよ対戦。カプ系4つの名前のグループに分かれて自分はブルルブロック。Bell、タピオカ、マッシュ、自分と6人中4人が京大ポケサー員という謎の身内ブロックでした。

 

一戦目 こもりんさん ○

カプ・コケコ テッカグヤ カプ・テテフ カミツルギ ライチュウ ガブリアス

選出:ベトベトン ポリゴン2 + ボーマンダ カプ・コケコ

ガブリアス カプ・テテフに対して強気にべトンを動かして通ってそのまま勝ち。

最悪ガブに地面Zを打たれた場合でも冷凍ビームで1:1交換できる対面ですが、やはり択になってしまうのでそれが欠点ですね。

 

二戦目 タピオカさん ×

カプ・テテフ カミツルギ オニシズクモ ベトベトン カプ・コケコ キュウコン

選出:ベトベトン カミツルギ + ボーマンダ カプ・コケコ

相手のカプ・コケコをカミツルギで相手するつもりだったが自慢のめざ炎で燃やされる。その後粘るも返しきれず負け。

 

三戦目 サンだずんさん ○

ガブリアス カプ・コケコ ギャラドス ポリゴン2 テッカグヤ ガラガラ

選出:ベトベトン ポリゴン2 + ボーマンダ カプ・コケコ

トリル警戒でポリ2に挑発を打たれるも、そのまま攻撃しつづけて勝ち。

トリルしなくても強いのがポリ2のいいところですね。

 

四戦目 Bellさん ○

カプ・ブルル カミツルギ ベトベトン ウインディ ポリゴンZ ニョロトノ

選出:ベトベトン ボーマンダ + カミツルギ カプ・コケコ

相手のポリゴンZに対して叩きながらボーマンダが守ってスカーフ破壊光線をやり過ごすことに成功。いい感じにボーマンダをまわして勝ち。

 

 

ここで予選を一旦中断してクリスマスパーティータイム。

運営の用意してくれたジュースやお菓子やナゲットやケーキを食べながら歓談。

二個目のケーキを狙っての全力のじゃんけんなど、楽しい時間を過ごしました。

 

そしてお待ちかね?のクリスマス交換イベントがはじまり、音楽に合わせてプレゼントを隣りへ隣りへとまわしていきます。

音楽がとまり、みんなでそれぞれ袋を開けていきます。手帳やプラモデルやぬいぐるみなどが出てきて喜んだり笑ったり。こういうイベントもたまにはいいですね。

 

自分のはなにかなーと思って袋を開くと

 

二次元の可愛い女の子が一面にプリントされたTシャツが出てきました。

 

そして始まる撮影会。

 

 

これがうわさに聞くオタクTシャツか……と思いながら着ましたが、

自分からは女の子が見えないのでそんなに恥ずかしくない

というどうでもいい情報を手に入れました。(後で写真見たらめっちゃ恥ずかしかった)

刺激の強い画像なのでここには載せません。 

 

ととさんからのプレゼントでしたが、もう一生着ることはないでしょう……

 

 

そしてイベント後予選に戻りますinオタクTシャツ。ブルルブロックはいい感じにすくみかけていたので最終戦勝たないと予選抜けられないとのこと。相手は主催でもあるマッシュだったので絶対に負けられない気持ちで臨みました。

 

五戦目 マッシュさん ○

テッカグヤ カプ・テテフ トリトドン ポリゴン2 ガブリアス ウインディ

選出:ベトベトン ポリゴン2 + ボーマンダ カプ・コケコ

ベトベトンで叩いたりポリゴン2で毒をまいて消耗させる。バクアをよけたり放射で焼かれたりといろいろ運が絡みましたがなんとかコケコ対テッカグヤの対面を作り勝ち。

 

というわけで予選4-1でブロック一位ぬけしたのですが、決勝トナメ一戦目の相手はなんとショウダイさん。ちょくちょく構築の相談をしている人で、今日の自分の構築とニョロトノ以外5匹かぶり。熱いミラーが幕を開けます。

 

決勝トナメ 一戦目 ショウダイさん ×

カプ・コケコ ボーマンダ ベトベトン ポリゴン2 カミツルギ ガラガラ

選出:ベトベトン ポリゴン2 + ボーマンダ カプ・コケコ

相手のカミツルギとボーマンダの集中でポリゴン2が落とされ不利に。お返しとばかりにコケコとボーマンダの集中で相手のポリゴン2を落としてボーマンダ対面。祈りながら流星群を押しましたが先に動いたのはショウダイさんのボーマンダでした。負け。

 

というわけで決勝トナメ一落ち芸人でベスト8でした。オフの戦績を振り返っても決勝トナメ一落ちはかなり多い気がするので、もっと頑張っていきたいですね。

 

そのまま決勝トーナメントは進み、優勝はYTさんでした。流石グロリアですね。

 

オフが終わった後はまだ時間があったので、フレ戦をして交流したりしていました。

後ろで優勝賞品のトゲデマルのぬいぐるみを使って野球やドッヂボールをしていましたが、自分は戦闘民族なのでフレ戦していました。

 

オフ会解散後は適当にばらけて京都駅の地下でラーメンを食べて話した後帰りました。普段話せないのぶさんやギルガドラさんとも話せて満足。あとラーメンもおいしかった。

f:id:snow-pokepoke:20161225224231j:plain

      ↑かんじん堂熊五郎

 

以上になります。初めてオフレポを書きましたが、オフの対戦などを振り返る機会となっていいですね。とても楽しかったので皆さんオフに出ましょう。それでは。

 

アローラダブルでの積みポケ一覧

今アローラキュウコンに可能性感じていて、オーロラベールと相性のいい積みポケモンを探しているので勉強メモに

 

りゅうのまい(A↑S↑)

ギャラドスラプラスカイリューフライゴンナマズンボーマンダ、ジャラランガ

 

ちょうのまい(C↑D↑S↑)

バタフリーアメモースドレディア、アブリボン、フェローチェ

 

○からをやぶる(A↑↑C↑↑S↑↑B↓D↓)

パルシェンコータスアバゴーラ、メテノ、バクガメス

 

つるぎのまい(A↑↑)

ラッタ(両)、サンドパン(両)、パラセクトドククラゲ、ナッシー(両)、ガラガラ(両)、カイロスレディアンアリアドスハッサムエアームド、アブソル、ラムパルドガブリアスルカリオマニューラリーフィアドレディアファイアローゴロンダ、ジュナイパー、ガオガエン、ドデカバシ、オドリドリ、ルガルガン、ラランテス、キテルグマ、グソクムシャ、タイプ:ヌル、シルヴァディ、ネッコアラ、ミミッキュ、ハギギシリ、ダダリン、ジャラランガ、カプ・ブルル、カミツルギ

 

○わるだくみ(C↑↑)

ライチュウ(両)、キュウコン(両)、ペルシアン(両)、スリーパー、クロバットヤドキングヤミラミムウマージドンカラスルカリオマニューラ、ポリゴンZ、バルジーナ、ジュナイパー、ガオガエン、エンニュート、ヤレユータン

 

○ほたるび(C↑↑↑)

デンジュモク

 

○めいそう(C↑D↑)

ライチュウ(ア)、ピクシー、キュウコン(両)、ゴルダックフーディン、ヤドラン、スリーパー、ラッキー、ウソッキー、エーフィ、ヤドキングサニーゴハピナスヤミラミパッチール、アブソル、ジーランス、フワライド、ムウマージドンカラスルカリオマニューラママンボウニンフィア、メレシー、クレッフィオーロット、オドリドリ、アブリボン、キュワワー、ヤレユータン、メテノ、ネッコアラ、ハギギシリ、ジジーロン、カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・ブルル、カプ・レヒレ、デンジュモク、カミツルギ

 

○ビルドアップ(A↑B↑)

ラッタ(ア)、オコリザルニョロボン、カイリキー、カイロスグランブルハリテヤマルカリオワルビアルウォーグルファイアローゴロンダ、ガオガエン、ケケンカニ、ルガルガン、キテルグマ、ナゲツケサル、グソクムシャ、ネッコアラ、バクガメス、ミミッキュ、ハギギシリ、ジャラランガ、カプ・ブルル、マッシブーン

 

○ちいさくなる(Av↑↑)

ピクシー、ベトベトン(両)、ラッキー、スターミー、ハピナス、フワライド

アローラダブル用パーティ草案考察(メモ)

最初にレートに潜るパーティくらいはかんがえておいてもいいかなー。と。

思いつき次第書きます。

 

カプ・テテフ@スカーフ

ムーンフォース/サイコキネシス/マジカルシャイン/サイコショック

ウインディ@ホノオZ

ねっぷう/まもる/もえつきる/バークアウト

テッカグヤ@残飯

ラスターカノン/かえんほうしゃ/やどりぎのたね/まもる

 カプ・コケコ@メガネ

ボルトチェンジ/十万ボルト/マジカルシャイン/しぜんのいかり

ギガイアス@オボンのみ

いわなだれ/ヘビーボンバー/ワイドガード/まもる

トリトドン@

だいちのちから/ねっとう/じこさいせい/まもる

 

スカーフテテフとテッカグヤが基本軸(予定)

トリル要員いれたい

 

感想:スカーフテテフはこの構築ではそんなに強くない。エスパーZで思いっきり殴る方が強そう

テックガヤは神。物理の方が強かった。

ギガイアスは悪くないがテッカグヤと役割がかぶりがち

ウインディは威嚇が強い

トリトドンにだいちをかえして 

 

ウツロイド@珠

ヘドロ爆弾/パワージェム/トリックルーム/まもる

ボーマンダ@スカーフ

りゅうせいぐん/だいもんじ/りゅうのはどう/ねごと

コータス@もくたん

ふんか/ねっぷう/だいちのちから/まもる

ジバコイル

十万ボルト/ラスターカノン/ボルトチェンジ/まもる

 

じりょくジバコイルで鋼を狩りたい

アローラガラガラが強すぎて狩れなかった

ポケモンサン・ムーン発売に向けて

ポケモンサン・ムーン発売まであと10日ということで、ポケモンモチベ復活の願いも込めてブログを始めてみました。サン・ムーンのレートで使った構築などを書いていく予定。